買い取りと下取りの違い【ラクティス査定編】を紹介しています

買い取りと下取りの違い【ラクティス査定編】

買い取りと下取りの違いについて考えてみます。
買取と下取とは、どこに違いがあるでしょう。買い取りは、今乗っている車を売って、それを現金に変え、その現金で新しい車を買うというやり方です。買い取りの長所は、複数のディーラーに査定を頼むことができるので、高く売却できるところです。デメリットは、市価変移が荒荒しいので、プライスが安定しないところです。中古車市価は競り市会場や地方のギャップで大きく変わってくるからです。

 

それとは別に、下取りは、愛車を売った同様のディーラーで次の車の購入資金にあてるというやり方です。つまり、乗っていた自動車を引き取ってもらうという手段です。

 

下取りと買取の優位点と難点とは?

下取りのメリットは、同じお店で取引するので手間が少なくて済むところです。痛い所は、実際の下取り価値がわかりにくく、買取に比べて、査定額が低くなりやすいところです。下取り基本価格表を基に査定するのですが、価格表はディーラー間のオークションマーケットプライスに必ずしも連動していません。

 

また、社外品パーツについても、下取りの場合、評価が期待できません。買上も下取りも一長一短ありますが、とかく、自分自身の車の鑑定金額の料金を理解してから、下取り取り引きに臨むのが賢明です。

 

 

 

【ラクティス買取査定相場表】何も知らないでいると査定額が下がる?